ハワイ不動産net-コンドミニアムを購入したい方へ

ハワイ居住者の方へ お問い合わせ
メールセミナー
根本クリス&リカ
ハワイ不動産
メールセミナー
プロフィール

ハワイ不動産.net について

このホームページは、ハワイの不動産の買い方を分かりやすく説明し、また実際にハワイに来たときに不動産を購入するところまでお手伝いができるハワイの不動産屋さんのホームページです。
ハワイの不動産を買うノウハウは、日本の不動産を買うときとは違います。
ハワイならではのかしこい不動産売買の方法をまずはこのサイトで知っていただきたいとおもいます。

根本クリス&リカよりハワイからご挨拶

ALOHA!根本クリス&リカです。

ハワイの不動産を買いたい、コンドミニアムや一戸建ての購入を考えている。
そうお考えであれば、多くの日本の方々のハワイでの不動産購入をお手伝いしてきた私たちにご相談ください。

不動産の購入から、利用しない時の管理、そして将来もし売るときも私たちがお手伝いできます。
まずは、お気軽にご相談ください。もちろんお問い合せは日本語で大丈夫です!

私たちにお任せ下さい
プロフィール

ハワイの不動産に関するお問い合わせはこちらから


特集:リッツ・カールトン
その他最新情報
コンドミニアム一覧

ハワイ不動産購入の流れ
物件を見に行く流れ

ハワイの不動産購入の流れ

物件を選ぶ

ご希望のエリア、ご予算、ご購入目的などの条件をお聞かせいただき、あなたにとって最適な物件情報をご紹介します。

内覧

気に入った物件が見つかれば、私たちと一緒に内覧を行います。 日本から来られる場合には、内覧ご希望日の2日前までには、ご連絡をお願いいたします。 スムーズに段取りよく見て回れるようにセッテイングしますのでご安心を。

購入条件の検討

内覧のうえ、購入する場合は 「購入を希望する金額」 「支払い方法(自己資金?ローン?)」 「登記日(引き渡し決済日)」 その他の諸条件などをまとめ、"Purchase Contract"とよばれる売買契約書を作成し、購入の申し込みを売主に提出します。

売主からの回答

売主からは以下の3通りのいずれかの返答がきます。

ACCEPT(アセプト)

売主が買い手の購入条件を承諾して、売買契約が成立。

REJECT

買い手の申し込みに対してお断りの返事。

COUNTER OFFER

買主からのオファーの条件に対して売主の条件を付けた"Counter Offer"とよばれる契約書が戻ってくる。(交渉)

売主からの "Counter Offer"に対して、買主は上記同様、ACCEPT/REJECT/COUNTER OFFER のいずれかで売主に返答をします。

売買契約成立⇒エスクローオープン

買主と売主間で売買契約が成立すると、買主が最初のデポジット(預託金)をエスクローに入金してエスクローをオープンします。

物件の所有形態など購入手続きに必要なインフォメーションをエスクローに 提出します。

物件調査期間⇒第2次(デポジット)預託金入金

物件調査期間内に専門業者を雇ってホームインスペクション、および、物件に関する調査を行います。(通常ホームインスペクション費用は買主負担)

検査結果に買主が不満であれば、売買契約を解約するこもできます。

買主が物件調査結果を承諾、または、調査結果に対して売主との交渉がまとまれば、第2次デポジット(預託金)をエスクローに入金します。

物件調査/検査

ホームインスペクション以外に、以下の調査/検査などが行われます。 買主はそれぞれの結果に承諾するか否かを決めます。

名義変更までに全ての条項を満たさなければならないようになっております。

【不動産権限調査】
(権限および先取特権などの調査エスクロー会社から届く)
【白あり検査】(費用は通常売主負担)
【測量/杭打ち】(一戸建て物件のみ)

売主側から買主に渡される書類/報告書

・売主による物件についての開示報告書 売主は売却物件について、物件価値に影響すると思われる過去および現在における欠陥、修理、状態などを開示報告書の設問にそって事実を答えるように義務付けされています。

・コンドミニアムドキュメント(コンドミニアム/タウンハウスなどの場合) コンドミニアムの履歴、議事録、ハウスルール、予算、保険などの書類一式

クリーニング/ファイナルウォークスル

通常、売主の負担で物件の清掃、カーペットクリーニングをします。 (買主がクレジットを選択している場合を除く)

その後買主による最後の点検(ファイナルウォークスルー)が行われます。 その際に上記の物件調査の時と同じ状態であるかを確認します。 また、ンスペクションの結果、売主側が修理を承諾した場合はその箇所が修理されているかを確認します。

残金の入金および譲渡書類のサイン

買主および売主が購入条件を記した契約(Purchase Contract)上、同意している条件が全て満たされると、 買主は登記日の48時間前までに残金をスクローに入金します。 ローンでの購入の場合は残りの頭金を入金します。

売主、買主ともに譲渡書類および名義変更のための必要書類にサインをします。 譲渡書類のサインに限っては、ノータリー(公証)されている書類のみ認められるため、通常エスクロー会社にてサインをします。 ただし、ハワイにお越しになられない場合は、日本の米国大使館、または米国領事館でもノータリー(公証)をお受けいただくことが できます。 これらの書類も登記日の48時間前までにエスクロー会社に届いている必要があります。

名義変更(登記)完了

エスクロー会社が、全ての必要書類、購入資金を確認して、登記所に登記を依頼します。 登記完了の通知がエスクローから届くと、その日から買主が物件オーナーとなります。

物件の鍵を受け取り、購入手続きが完了となります。

ハワイでの不動産売買での注意点

*登記完了までの手続きは全てエスクロー会社を通して行われます。
*通常、登記までに1ヶ月~2ヶ月かかります。
*譲渡書類以外は、ファックスまたはEメールでも認められます。

ハワイの不動産購入はお気軽にお問い合わせください。

日本の不動産を買う場合のルールと大きく違うところもあります。 不明な点や気になることはお気軽にお問い合わせください。


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop